News/Press 
2021.8.6
Cross Education Lab.”マイクロソフト エバンジェリスト 西脇資哲氏がアドバイザー就任。  

株式会社80&Company(京都府京都市 代表取締役:堀池広樹)が運営する教育のプロフェッショナルチーム「Cross Education Lab.(クロスエデュケーションラボ)」は、エデュテイメントを牽引する世界トップ10ティーチャー正頭英和氏を代表に、東京大学准教授ゲーム学習の第一人者藤本徹氏がアドバイザーを務め、新たな教育コンテンツを生み出しています。
今回プレゼンテーションのプロフェッショナルである西脇資哲氏がアドバイザーとして加入することとなりましたので、お知らせさせていただきます。

■西脇資哲氏プロフィール
日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト・業務執行役員
ITビジネスコミュニケーション協会 理事
日本デジタルトランスフォーメーション推進協会 アドバイザー

京都大学 iPS細胞研究所 コミュニケーションアドバイザー日本経済新聞で紹介されたIT「伝道師/エバンジェリスト」。マイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。講演や執筆活動も行い、IT 企業だけでなく、製造業、金融業、官公庁から小学校、中学校、高校や大学でのプレゼンテーション講座を幅広く手がける。2014年から文部科学省が定めるSSH(スーパーサイエンススクール)を各地で展開しており、ITに関する授業やプレゼンテーション授業を行う。2014年から筑波大学附属駒場中高でのプレゼンテーション授業を6年間担当など多数。2015年から立命館小学校でのプレゼンテーション授業を5年間担当し、その内容が書籍「プレゼンドリル」にもなっている。2017年には授業の様子がNHK EテレのTVシンポジウム「人工知能の時代、今必要な教育とは」にて特集される。その他にも教員向け勉強会や、教育委員会主催のイベントでも「伝える力」の重要性を広める。2015年からは京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥所長のコミュニケーションアドバイザーを務める。著書に「エバンジェリストの仕事術」、「プレゼンは “目線” で決まる」、「新エバンジェリスト養成講座」など。

クロスエデュケーションラボとは
新しい教育コンテンツを生み出す専門家組織です。
身の回りにあるものの教育的な効果を見出し、従来の教科の枠にとらわれないまなびの選択肢を増やすことで、これからの時代を生き抜くうえで求められる教育の多様なニーズに対応する取り組みを行っています。クロスエデュケーションラボが様々なものと教育をクロスさせるハブとなり、今までにない全く新しい教育関連サービスを生み出し、子ども達のまなびの選択肢を増やしていくことを目的に活動しています。

代表:正頭英和 小学校教諭(英語・ICT)Global Teacher Prize 2019 Top10
アドバイザー:藤本徹 東京大学大学院情報学環准教授。専門はゲーム学習論
アドバイザー:西脇資哲 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト

■WORKS
株式会社イオンファンタジー
ゲームカレッジLv99
https://level99.jp/

■80&Company(エイティーアンドカンパニー)

株式会社80&Companyは、「ゼロから無限大をつくる」をミッションに、日本におけるオープンイノベーションを推進すべく新規事業開発を行うプロフェッショナル集団です。 サステナブルな世界の創造を目指し、企業や大学などの研究機関と連携して、AIやデータサイエンス等のテクノロジーを活用した社会課題解決に取り組んでいます。

株式会社80&Company
代表取締役:堀池広樹
所在地:京都本社 / Kyoto
京都府京都市左京区吉田牛ノ宮町6-1 TECH STUDIO KYOTO
URL:https://80and.co/
Cross Education Lab.公式サイト:https://cel.80and.co/

Sorry, nothing to display.